見出し画像

"好き"への情熱を解放する場をつくる。

寝食を忘れて、取り憑かれたように何かに没頭する。

生きていれば、きっとこんな経験はみなさん一度はあるはず。
そんな思い出を振り返って欲しい。
きっとその瞬間は、
驚くほど生産的で、
驚くほど創造的で、
とびっきり幸せなひと時だったと。

そしてそんな情熱の対象物は、
きっと当時アナタが
好きで好きでたまらない何か
だったはずだ。

下手したら
家族といる時間よりも、
寝ている時間よりも、
最も自らの「生」のエネルギーを使う「仕事」というものに、
そんな「"好き"の情熱」を注がない選択肢は、
もはや無いのではないかと。

Passion*Techへの道筋

好きなものを好きと言っている人は清々しい。

人は大好きなものを語っている時ほど、
エネルギッシュで、
ポジティブで、
そして面白い。

そんな無邪気な背中を大人になっても放っていた
NobodySurfの岡田さんは、
出会った時からAppleを筆頭にグローバルなテクノロジーカンパニーの虜だった。
自ら行き着いたSurfingという最も"好き"な領域が、
Techの力を得て一つのサービスとして加速し始めたのだと。

これもう、パッション×テックだよね。

「趣味を仕事にする」のとはわけが違う。
自らの「生」をかけて、
最も情熱が注げるものに"自らを解放する"ことによって、
社会に大きな価値を残すことが
無邪気にできる時代になったのだと。

こんなワクワクする時代に、
パッションなスタートアップをやらない理由はない。

いや、理由を探そうと思えば
いくらでも見つかってしまうのが人生だ。
だったら、それらを軽く超えるほどの
ホットスポットを創ってしまおう。

走り始めたコミュニティというカタチ

Passion*Tech Night #1

車、サーフィン、植物、そしてランニング。

好きでたまらない情熱が、
可能性を信じてしまった熱量が、
ふとした瞬間に線で繋がり、
一つのコミュニティとして走り始める。

好きなことを突き詰めると、見えて来ちゃうんですよね、自分がやらなきゃだめだなって。

Passion*Techな起業家たちは、
要はこんなような事を話していたように思う。
そんな少年の心を取り戻した純粋な眼差しに、
声援を送りたくなるのが、
結局「人」っていうものなのではないかと。

そんな熱量に惹かれるように、
本イベントの後味は
こんな参加者のひとことに集約された。

私はこれが大好きなんです、気がついたらサービスを創っていました。

まっすぐで温かい眼差しが、
また新たな火種となって
新たな熱狂を創っていく。

そんな「解放の場」を、
ゆっくりと丁寧に育てていければと思います。

また次回、
どこかで。

熱狂の火種を探しに集まりましょう。

(冨田)

photos by Yuta Kenmochi

競争しないRUNイベント『Runtrip via』で待ってます!
7
もっと自由に、楽しく走れる世界へ。 私たちは、テクノロジーと魅力的なコンテンツを通じて 走りたくなる道(Location)と仲間(Community)に出会える世界を提供しています。 https://runtrip.jp/ #runtrip

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。