見出し画像

「走る休暇」はココロもカラダもフル充電に。

Runtripというチームは、やっぱり「走ること」が好きな人が集まっています。「走ること」に対する情熱の角度は全員全く同じではないですが、むしろあらゆる角度から「走ること」の可能性だったり、自由さだったり、時にはストイックさだったりを360度楽しみ尽くしている、そんな組織でもありたいと思っています。

記録的な猛暑が日本列島を駆け抜けた平成最後の夏、そして短距離走のごとく毎日を全速力で駆け抜けているチームラントリップに対して、我々らしい「休暇の制度」を実施してみました。

その名も「ラントリップ休暇」。

何のひねりもないですが、全速力で駆け抜ける夏に、少しギヤを落として休息しつつRuntripを楽しんでこよう!というものです。

あまり走り慣れていない人からしたら「休みの日も走るのかよ!休暇になってないじゃん!」と思うかもしれませんが、例えば「都心から離れて、大自然をゆったりジョギングする」というイメージを持ってもらえれば、なるほど「アクティブレストってやつだな!(ドヤッ)」と腹落ちしてもらえたアナタは相当できると断言しておきます。例えるならば、充電式のバッテリーはエネルギーを全て使い切ってから充電する方がフルパワーで満タンになるように(最近のものはそんなことないかもしれませんが)、しっかり身体を疲れさせることによって良質なエネルギー吸収と睡眠が促進されるのですよね。もちろん、普段行かないような土地、自然の中を駆け回ることは心にとってもこの上ないご褒美なのです。

また、何よりも大切なのは「ユーザー体験」。誰よりもRuntripを満喫して、誰よりも我らがサービスを愛して使い倒す心意気が大切だと思っています。

さて、そんな理にかなった「ラントリップ休暇」ですが、どこに行って、どんなところをどれぐらい走ってくるかは当然自由。そこで今回はメンバーが駆け抜けた思い思いのコースを紹介しますね。

西の聖地・福岡大濠公園

まずは手堅い鉄板コースに行った手島より。

有名ランニングスポット。
走ればわかる。なんでここに福岡ランナーが集まるのか。
1周2キロというちょうど良い周回
公園内の道の広さ
クッション性がある路面
福岡天神から距離感
ロケーションの良さ
ありきたりと言わず、地元ランナーも何度もRuntripを楽しんでもらいたい。

コース詳細 >> 西の聖地・福岡大濠公園

四万温泉朝ラン!早朝の四万川ダム!

貸切状態の露天風呂で漢一人旅を満喫した竹村より。

四万温泉最奥の宿、中生館に宿泊して朝ランしました。前日の雨は何処えやらの快晴で気持ちよく朝ラン開始。宿を出るとすぐ横に日向見薬師堂。最初はずっと下りで、交差点を四万川ダム方面へ。
ここからは急勾配な坂を駆け上がります。
途中リスとかいました 笑
1kmほど坂を走ると目的地に到着。
坂道の疲れが吹き飛ぶほどの絶景が楽しめます!
帰りは下り坂でクールダウン。
四万温泉は都内からも行きやすいので週末のラントリップにもオススメです!

コース詳細 >> 四万温泉朝ラン!早朝の四万川ダム!

ベルリン中央駅からすぐ近く。美しいコースとトラックがある公園。

ベルリンマラソンに参加しつつ、異国を味わい尽くした大森より。

ベルリン中央駅のすぐ近くにある「フリッツ=シュロスパーク」を走るコースです。
ここは有名な公園ではないかもしれませんが、地元のローカルランナーや子ども達が走っている公園です。路面は整備されていて走りやすく、広い芝生や適度なアップダウン、木々の香りを楽しめるオススメの公園です。距離表示もされていて、1.1kmのコースが取れます。
そしてトラックも併設されていて、ベルリンマラソン前の調整に使ってもいいかもしれません。この日は学校の授業?で使用していて、許可を得てただで使用させていただけましたが、普段はどういう状況なのかはちょっとわかりません。
誰かが管理している感じはなかったので無料で利用できるかも?
いずれにしてもこの公園の近くに住みたくなるような素敵な公園でした!

コース詳細 >> ベルリン中央駅からすぐ近く。美しいコースとトラックがある公園。

高尾山「自然」を感じるよくばりコース!最短・初級編

シンガーソングランナー「SUI」さんと高尾山トレイルを楽しんできた石塚より。

様々なコースがある高尾山。「トレイルを楽しみたい」と思って行ったのに山頂までロードばっかりだった……。となってしまう方もいらっしゃるかもしれません。ですが!今回ご紹介するこのコースは緑いっぱいのトレイルコースで、登りの6号路では川や滝も楽しむことができます。下りの稲荷山コースでも自然を楽しむことができるよくばりコースです。初心者の方にトレイルっていいな、と思っていただけるよう、距離も短めに設定してあります。
お手洗いはスタートの高尾山口駅と山頂にもあります。売店も駅前と山頂の両方にあります。
山頂の山小屋では夏はアイス、冬はうどんやおしるこを楽しむこともできます。
高尾山は日本一ハイカーの多い山です。ハイカー優先のルールを守り、すれ違うときにはあいさつをしましょう。
休日でも早朝は人が少ないので、しっかり走りたいという方には早朝トレランをおすすめします。

コース詳細 >> 高尾山「自然」を感じるよくばりコース!最短・初級編

今回のRuntripの様子はSUIさんのyoutubeでも詳細をチェックできます♪

新宿から50分!高尾山でトレイルランニング!平成最後のところてん。

横浜の弘明寺から小田原まで長距離44kmラントリップ!

もはや悲壮感すら漂う壮絶ラントリップをこなしてきて、これは「アクティブレスト」にすらなってないのではないか疑惑の尾崎より。

・横浜の弘明寺から小田原まで44kmの長距離コースです。
・戸塚 → 藤沢 → 大磯 → 小田原と東海道をただただひたすら走りました笑
・唯一、朝に立ち寄ったのが相模川を渡る前の「柳島しおさい公園」。ここはパノラマで楽しめる広々とした芝生があり、開放感に浸れる場所でした。
 他にもテニスやフットサルコートもあり、休日は人で賑わってそうです。
・大磯から小田原は海沿いとはいえ、防風林が長く続いてるところが多く、海風を全身で感じながらとはいかず、期待していたランとは違う感じに笑
・(予定していた箱根を行きを諦め)小田原の「天然温泉コロナの湯」でfinish。
・2日間をフルに使って「走ってどこまで行けるか」そんなラントリップもありだね。的なことやりたかったけど、足が持たず。それでもハーフも走ったことない自分が40km超えるラントリップ。充足感、半端なかったです。

【This is Japan!!】富士吉田の絶景を見に行こう

「世界一走ることを楽しめる逸材」と豪語する秋田より。

2015年に「世界中のカメラマンが死ぬ前に訪れなければならない21の場所」で9位にランクインした新倉浅間神社を中心に、富士吉田の街並みを楽しむコース。霊峰・富士山の麓、雪解け水が流れ、神社が点在する街・富士吉田は、良い気が流れている街です。
富士山駅前からスタートし、小室浅間神社でお参り。その後、下吉田駅を経由して新倉浅間神社を目指します。398段の階段「咲くや姫階段」を駆け上がって後ろを振り返ると、そこにはガイドブックの表紙にもなる絶景が!!!オススメの時間帯は朝ですが、夕暮れ時の陽射しに輝く富士山もまた良きです。
帰りは西町の湧き水で喉を潤し、富士山駅に戻ってゴール!アフターRUNは新世界乾杯通りの古民家イタリアン「かぎしっぽ」で。オススメは、牛肉のグリル・”海なし県で食べる”シーフードピザ・きのこと明太子のクリームパスタ。甲州ワインを飲みながら、地元の食材をふんだんに使った絶品イタリアンでお腹を満たしましょう。
※かぎしっぽのお店情報はこちら→https://www.kagishippo-fujiyoshida.com/

コース詳細 >> 【This is Japan!!】富士吉田の絶景を見に行こう


アクアイグニスの片岡温泉を愉しむ、湯の山温泉モーニングラン

帰省ついでにRuntripをキメてきた冨田より。

アクアイグニスとなった片岡温泉から湯の山温泉をぐるっと愉しむ4kmショートコース。
アクアイグニスに宿泊して早朝にジョグを楽しみ、片岡温泉に浸かるコースです。
コース自体に特に面白みは無いですが、湯の山温泉駅周辺に漂う温泉の匂いや、何より片岡温泉の泉質がメチャメチャ良いのでおすすめ!温泉が無いRuntripは考えられません。ラン→風呂→ビールで完全にキマります。

以上、なかなかに個性溢れるバラエティに富んだコースが集まりました。これを読んで、ちょっと「Runtrip」したいかも!と思ってもらえたら記事下の「❤️」ボタンをポチっとしてみてください。あなたに対しては特に何も起こりませんが、書き手のモチベーションがちょっとだけアガります。

ではまた来週!

Runtripのwebサイトもぜひ覗いてみてくださいね。
5
もっと自由に、楽しく走れる世界へ。 私たちは、テクノロジーと魅力的なコンテンツを通じて 走りたくなる道(Location)と仲間(Community)に出会える世界を提供しています。 https://runtrip.jp/ #runtrip

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。