見出し画像

「神コース、実走。」 #3 |東京下町観光スイーツラントリップ

ラントリップでは "思わず走りたくなるコースに出会える" ランニングコースの投稿と検索ができるサービス「Runtrip」を提供しています。

実際運営している我々自身が思わず「走りたい!」と思うコースが日々ユーザーさんから投稿されています。そこで、思わず「これは神コース」
と言ってしまうコースを我々で実走しようじゃないか、という運びになりました。
名付けて、

神コース、実走。

です。
今回の神コースは きょうへい さんのこちらのコースです。

神コース、実走。 #3 |東京下町観光スイーツラントリップ

新元号の「令和」のスタートと10連休のゴールデンウィークが間近、そんなワクワクな気持ちを全力で解放するには、「観光×スイーツラン」ですよね!

観光もスイーツも走りながら効率よく、かつスイーツのカロリーも走ったことで結果的にプラマイゼロ!な神コースがこちらです。

ご丁寧に立ち寄りスイーツリストがリコメンドされています。

①塩パン屋 パンメゾン(本所吾妻橋)
→名物の塩パン(税込108円)がおすすめ。

②梅園(ソラマチ内)
→梅園といえば、和菓子。和のアイス、どらソフト(税込400円)は、アイスがどら焼きの生地に包まれている。和菓子も一緒にチェックしたい。

③みりん堂(押上、東京スカイツリー駅)
→老舗のおせんべいやさん。ぬれソフト(税込250円〜)は、写真映えもするので、是非食べでいただきたい。

④ダンデライオンチョコレート(蔵前)
→蔵前のスイーツといえばここ。焼いたマシュマロにチョコレートが乗った スモア(税込540円)が絶品。

⑤fobs(蔵前)
→ゴーフレット(税込410円)が絶品。しっとりした生地とバニラクリームがマッチ。

こちらのコース、最後にスカイツリーで締めたかったので「逆走」で走らせて頂きます🏃‍♂️

いざ、実走!

三度の飯よりラーメンとランニング(通称"麺トリップ")を愛するてっしーが実走します!
浅草駅から吾妻橋を渡ってすぐ、隅田川沿いの最高のロケーションに佇むASICS CONNECTION TOKYO からスタートです。

ラントリップのコースページからナビゲーションを起動し、

いざ実走スタート!

春の晴天に恵まれた浅草は最高のラントリップ日和。
てっしーの足取りも軽いです。

ついついスカイツリーが映えるので、立ち止まってポージングしたくなります。全然ランが進みません。

と言ってもいられないので川沿いを軽快に走り出します。
天気の良い隅田川沿いはどこまででも走っていけそうです。

と言ってる間に早速一軒目のスイーツピットイン。
PATISSERIE FOBS さんへ到着。食べログの点数は3.59!走ったからではなく、スイーツへの期待で鼓動が高まります。

(ショーケースでひときわ輝きを放つゴーフレット)

コース投稿者きょうへいさんオススメのゴーフレットを購入。

記念にパチリ。

さて、実食です。
お気づきかと思いますが、今回は実走より実食がメインです。

う、うまい!

写真を見る限り○クドナルドのハッシュポテトにしか見えませんが、朝マックではなくFOBSです。

見た目に反する柔らかい生地に、上品なボリュームのクリームから発するバニラビーンズとの相性が抜群。当然、ランとの相性もバッチリです。

さて、早速次のスイーツピットインです。

蔵前をクラフトスイーツのホットスポットとして引き上げた ダンデライオンチョコレートさんです。

(もはや途中のランの画像を端折ります)

元々はサンフランシスコで大人気だった同店が、日本一号店として開いたのが職人の町、蔵前でした。カカオ豆の選別、焙煎、調合などから丁寧に作り上げており、併設された工場からもそのチョコレートに対する本気度が伺えます。

なんと言っても有名なのが焼いたマシュマロの上に酸味のあるビターなチョコレートが乗ったその名も「スモア」。

こちらの店舗は2階にカフェスペースが併設されており、映えるスイーツを目にも口にも、そしてインスタ的にも3度美味しく味わっている方々が続出していました。

さて、てっしーはスモアを食べたのでしょうか。
それは彼の表情から判断してください。

さて、ピットインから脱出して先を急ぎます。このエリア、おしゃれなコーヒースポットなど点在していてついつい立ち寄りたくなってしまいます。

(はたして、走っているのか。)

さらにこのコースの素晴らしいところは、いたるところでスカイツリーを拝めるところ。

ついついスカイツリーが映えるので、立ち止まってポージングしたくなります。全然ランが進みません。(2回目)

そうこうしている間に、スカイツリーに到着!

でーん。

縦撮りじゃないとおさまらない感じがタワーです。

こちらでのスイーツピットインはスカイツリーのお膝元、ソラマチ内にある和スイーツの老舗 浅草梅園 さんです。創業が安政元年(一八五四年)という老舗中の老舗。

こちらで今、イチオシに映えるのがこちら、「どらソフト」です。

やわらかい"どら生地"に優しく包まれたソフトクリームをスプーンで味わいつつ、最後はどら焼きのごとくかぶりつく、さらにインスタ映えるという3度美味しい定番スイーツ。

当然、青空にそびえるスカイツリーを拝みながら美味しく頂きました。

東京下町スイーツ(ラン)巡り、最後のスイーツピットインは今回のコース拠点のASICS CONNECTION TOKYOからすぐ近くの塩パン屋 パンメゾンでさっぱりと締めくくりたいと思います。

が!

なんとこの日は定休日(火曜日)でした。
がっかりするてっしー。

しかし、走って消費したカロリー以上にスイーツカロリーをインプットしかけているので、キリよくフィニッシュ。お疲れ様でした!

(7kmしっかり走りました。長すぎず短すぎず、観光スイーツランにはちょうど良い距離とコースでした)

アフターランはゆっくり浅草散策をオススメします。
この日は平日にも関わらず、昼から浅草は大賑わい。外国人観光客に紛れながら、日本の下町情緒の素晴らしさを再発見するのも、有意義なゴールデンウィークの過ごし方じゃないでしょうか⛩

最後に

ラントリップでは日々魅力的なコースが投稿され、あなたにとっての神コースがきっと見つかるはずです。

次回の「神コース、実走。」もお楽しみに!
次に紹介されるのは、アナタのコースかも!

▼Back Number


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

iPhoneアプリではランニングが楽しくなる情報をお届けしています。
9

Runtrip, Inc.|株式会社ラントリップ

もっと自由に、楽しく走れる世界へ。 私たちは、テクノロジーと魅力的なコンテンツを通じて 走りたくなる道(Location)と仲間(Community)に出会える世界を提供しています。 https://runtrip.jp/ #runtrip

Runtrip Crew

Runtripの各メンバーのnoteを一覧できます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。