新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「一人だけど、ひとりじゃない」~ソーシャルディスタンスとランニング~

#おうち時間#運動不足

新型コロナウイルスの発生から4ヶ月。
日本の主要都市へ緊急事態宣言が発令されてから1週間。

スポーツやエンタメの世界には引き続き自粛ムードが漂い、営業時間短縮や休業を余儀なくされるお店も増えてきました。

世界では #StayHome というムーヴメントが広がり、日本ではリモートワークも急速な広がりを見せ、#おうち時間 を快適に過ごすことへの関心が高まっています。

一方で、運動不足を実感する人が増えていて、家の中でも楽しくカラダを動かせる方法を探している人も多いかと思います。そんな中でランニングは、WHOや各国の政府から「免疫機能の維持・向上に役立つ」として、推奨されているアクティビティです。
ランニングとウォーキングは、いわゆる"3密 "を避けるという前提のもとであれば、このような状況下であっても外で楽しめるアクティビティとなっています。

仲間がいると、楽しく続けられる。

まだランニングを始めて間もない人や、
これを機にランニングを始めようとしている人は、

「どうやったら楽しめるのか?」
「どうやったら継続できるのか?」

といった悩みを抱えていますよね。

そんなランナーの悩みを解消してくれる、ソロラン(一人で走ること)を楽しむ様々なムーヴメントが、既に世界中で広まっています。

#ソロって団結  #SOLOdarity

このムーヴメントは、たとえ一人で走り続けなくてはならない状況下でも、以下の3つを体現していこうというStravaからの呼びかけです。

・アクティブであり続けること
・つながりを絶やさないこと
・良き市民(ランナー)であろうとすること

#ソロって団結 #SOLOdarity のハッシュタグを付けて投稿してみましょう。

#UntiedYetUnited

このムーブメントはイタリアのママさんランナーが始めたムーヴメントで、「離れていても、みんな繋がっている」という意味です。

このムーヴメントに参加する時は、
以下の内容に沿った投稿を作ってみてください。

①お気に入りのシューズの写真を撮る。
②靴紐の片方はハート型にする。もう片方は横に伸ばす。(並べた時に他のユーザーと繋がっているように見える)
③テキストにハッシュタグ #untiedyetunited を付ける。

ランナーの新たな発見と、ランナー同士の新たな出会いをサポートしている私たちも、これらのムーヴメントを応援していきます。ラントリップジャーナルに投稿すると、世界中のランナーがあなたに”NiceRun!”を贈り、温かいコメントを贈ってくれるので、ぜひハッシュタグを付けて投稿してみてくださいね。

▼アプリのDLはこちらから▼

ソーシャルディスタンスではなく、フィジカルディスタンスを。

友人。パートナー。離れて暮らす家族。

テクノロジーのおかげで、大切な人の顔を見て話すことは手軽にできるものの、直接会いたくても会えない日が続くと、精神的な物足りなさを感じてしまう今日この頃。

しかし、こうしたソーシャルアクティビティに参加してみると、寂しさや孤独感から自分を遠ざけることができます。また、今まで感じることのなかった豊かさや、今まで知り得なかった楽しさに気づくこともできると思います。

物理的な距離はどうすることもできない世の中ではありますが、精神的な距離は自分のアクションひとつで近づけられるはずです。

こんなご時世だからこそ、ランニングシューズを履いて、大切な人とつながりましょう。そして、世界中のランナーとつながりましょう。

もっと自由に楽しく走れる世界の入り口で、
あなただけのゴールテープを持って待っています。

もしよかったら、Twitterなどで感想を教えてくださいね。
20
もっと自由に、楽しく走れる世界へ。 私たちは、テクノロジーと魅力的なコンテンツを通じて 走りたくなる道(Location)と仲間(Community)に出会える世界を提供しています。 https://runtrip.jp/ #runtrip
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。