見出し画像

Cheer Up Tokyo Running Day!!🎉の疑問点、解消します👍

先週リリースした東京マラソン応援企画へ早速の参加表明を多数いただきました!参加ボタンをポチしてくれた皆様、ありがとうございます(^-^)
このnoteは、東京マラソン応援企画「Cheer Up Tokyo Running Day!!🎉」がどんな企画なのか、より具体的にイメージしていただけるような内容になっています📣

「興味はあるけど、どうしよっかな~~~」

と迷っていたそこのあなた!これを読んだらその迷いはきっとなくなることでしょう😎

そもそもマラソン応援ってどんな感じ?

文字で読むより、写真で見る方が早いでしょう!というわけで、昨年の東京マラソンで撮影された応援の様子をご覧ください📸

画像1

画像6

画像4

画像6

去年はまさかの大雨で、寒いレースになりましたが、ランナーを応援しているうちに、心はどんどんホットになっていきましたよ🔥

どこで応援するの??

画像4

37km過ぎ、高輪郵便局前で応援します!
(写真左手、薄茶色のビル前)

37km過ぎは、誰もが一番きついと感じるポイント。
近いようで遠い、あと5km……
そのあと5kmを笑顔で走り切るために、
リアルNiceRun!を贈ります!!

必要なものは??

応援グッズはRuntripがオリジナルグッズを作ります📣
もちろん、ご自身で持ってきてもOKです!

寒い中、少しでも快適に応援するために、以下のものをご用意ください👍

・めっちゃ暖かいアウター
→動かないので、体はどんどん冷えていきます🥶厚着していくのがオススメです。インナーダウンもおすすめ👍
・厚手のソックス
→ヒー〇テックとか、毛が入っている靴下とか。足元から冷えます!
・手袋
→寒さ対策はもちろん、ハイタッチ疲れ防止の意味も込めて!笑 素手でハイタッチし続けると、けっこう痛いです💦
・ネックウェア
→Buffとか、マフラーとか。首元温めるだけで体感温度は上がります👍
・ホッカイロ
→貼るタイプも、貼らないタイプも、あって絶対に損はナシ🔥
・モバイルバッテリー
→これは必須アイテム!
・RuntripオリジナルTシャツ
→必須じゃないけど、買っておくとこれからのマラソン大会が絶対に楽しくなると思います!その理由は、次の章で👉

オリジナルTシャツの製作背景と完成イメージについて

今回の応援企画のテーマは「ジャーナリストへ、リアル”NiceRun!”を贈ろう!」です。

※”ジャーナリスト”とは、ラントリップジャーナルを使う人のこと。

「東京マラソンを走るジャーナリストを見つけやすくする!」
「みんなでお揃いのシャツを着て、テンション上げて応援する!」

というのが、一番の目的です。
また、このTシャツがあれば、他のマラソン大会でもジャーナリスト同士で出会い、意気投合できるでしょう。今年の東京マラソンを走らない人も、応援企画に参加しない人も、この機会にTシャツをGETすることをオススメします👍
マラソン大会や旅ランに出かけた先で、ジャーナリストに出会うという楽しみが増えますよ(^-^)

画像5

※こちらのTシャツは、製作原価での受注販売となります。
購入希望はこちらから。

Finisher's Partyもあります

希望者のみになりますが、こちらで交流を深めることもできます🍻
※チケットを事前に購入していただく形式です。

最後に

ラントリップジャーナルで日々飛び交っている”NiceRun!”は、ときにはランナーだからこそわかる共感であり、ときには頑張る人への応援であります。

インターネットを介してもらう”NiceRun!”は嬉しいものだけど、それ以上に嬉しいのは、顔が見える状態で、大きな声で言われる”NiceRun!”だと思っています。

東京マラソンを走るジャーナリストに。
もちろん、未来のジャーナリストにも。
みんなでリアル”NiceRun!”を贈りましょう👍👍👍





もっと自由に、楽しく走れる世界へ!
13
もっと自由に、楽しく走れる世界へ。 私たちは、テクノロジーと魅力的なコンテンツを通じて 走りたくなる道(Location)と仲間(Community)に出会える世界を提供しています。 https://runtrip.jp/ #runtrip