熱狂を束ね、勝ち抜くチームフォーメーションを見出すオフサイト合宿。

ラントリップでは半期に一度、全メンバーで2DAYSのオフサイト合宿を行なっています。と言っても前回が初回、今回が2回目です。

前回の様子はこちらにも書きましたが、お世話になった合宿所が快適すぎて今回も同じ千葉は金谷のコワーキングスペース「まるも」さんの宿泊棟「voido」にお世話になりました。

というわけで Runtrip Offisite #02 @千葉 金谷のレポート!

今回のオフサイトの目的とワークショップ

まずは真面目な話から。

ラントリップでは半期ごとにOKRを用いて目標設定をしています。ゆえに半期のスパンに合わせてOKRの策定や発表、戦略や戦術への落とし込みを行なっていきます。人数規模的に個人の目標までは落とし込まず、Companyと各サービス単位でOKRを設定します。今回のオフサイトでは、事前に決めた半期のOKRに対して戦略/戦術に落とし込むワークを全員でやることで、全員が共通の前提条件を持って半期の高い目標に向かっていくための「フォーメーション」づくりを目的にしました。

オフサイト全体の流れは

1. 前半期の各個人KPTの発表(事前の宿題にしました)
2. 今半期のOKR発表と背景等の共有
3. 戦略/戦術のワークショップ

です。戦略/戦術に落とし込む上において、よりリアイリティがあるプランを作る上でキモなのは「誰が何をやるか / 誰が何をやらないか」です。そこで、今回は戦略/戦術そのものよりも、それぞれの事業やプロジェクトに対して各メンバーのリソース配分(ポジショニング)をディスカッションして決めることに注力しました。その名も、「Runtrip Formation Work」。

ワークショップの中身は完全手作り、スポーツフルなラントリップとしてはサッカーやバスケのようなフォーメーションの戦略/戦術をみんなでディスカッションするようなワークにしたいということでホワイトボードと付箋を駆使して、こんな感じでワイワイやりました。

前半と後半に別れたワークでは、

前半戦:今の事業と各メンバーのフォーメーション、ステークホルダーなど現状を可視化する
後半戦:2019年1H(前期)のOKRを達成するためのフォーメーションを練る

という感じで熱戦を展開しました。あらためてこのFormation Workのポイント(良いところ)は

✔︎ 自社の事業構造/組織構造を正しく把握/理解する
✔︎ 経営リソース(人/モノ/金)の再配分を全員で議論する
✔︎ 上記前提を全員で共有化した上で、目標に向けた最強の布陣をみんなでつくる

という点です。
折角なので、このFormation Workをもうちょっと突っ込んで説明しますと

こんな感じで
・左にサイドにユーザー、右サイドにクライアントやビジネスパートナーを設定
・センターに自社のコア事業を配置
この前提条件に対して、以下付箋を割り当てたり、

それぞれの関係値をつなぐ線やサブプロジェクトなどを描いてリアルな事業/組織/人/金の流れを可視化する感じです。

(当日使用したスライドより)

「ここはワントップにして彼に背中を預けるべきなんじゃないか?」
「ディフェンスはこの布陣で本当に大丈夫なのか?」
「このエリアに人が寄りすぎてるんじゃないか?」

みたいな躍動感のある会話が終始飛び交い、スポーツフルなメンバーなら盛り上がること間違いなしです(笑)

延長戦、開始。

試合終了後、延長戦、と言う名の飲み会開始です。
キックオフと同時に、猛烈な勢いで準備が進みます。
みんな、元気だな。

夕飯、今回はまるもさんに丸投げしました。

注目なのはこちらの一説

内房の美味しいお寿司

ほほう。

では堪能しよう。こちらが内房の美味しいお寿司です。

その他オードブルも。

控えめに言って最高です。

そして当然の如く本戦よりも試合時間は延長され、夜更けまで宴は続きました。試合終了間際の一コマ。Formationに頭を捻りすぎたのか、それともただ飲みすぎただけなのか、なんにせよ濃い1日が終わりました。

DAY2

2日目は特にワークなど入れずに、美味しい朝ごはんを食べ、千葉の海をラントリップするリカバリースケジュールを組みました。晴れ男、晴れ女ばかりのラントリップ、この日ももちろん

雨。

残念ながら終日雨。

めげずに「かなや」で内房の美味しい海鮮を食し

館山まで移動し、「SEA DAYS」さんをご訪問。
館山でランニング、SUP、YOGAを楽しむならSEA DAYSさん一択。
ラントリップアプリで会員証を見せて頂ければ特典も受けられます。

会員特典:ラントリップ会員証の提示で、エスプレッソ&コーヒー、ティー、レモネードメニューの中の商品どれでも10%引きでご提供します。

本来ならばここでラントリップをキメる予定でしたが、シャワーランは差し控えて最高に美味しいスムージーを頂きました。

最後に:合宿環境「voido」に関して

単純に宿泊に必要なもの(シャワー、布団、歯ブラシ、ドライヤー、タオル、冷蔵庫、キッチン...)が万全なだけでなく

・wifi
・プロジェクター/スクリーン
・ホワイトボード
・電源ケーブル等

など企業のオフサイト合宿に必要な一式が揃っているので本当に便利。

しかもおしゃれ。
都心の喧騒を離れ車で90分で最高に創造的で生産的な空間を体感できます。>> 「まるも」で開発合宿

あとがき

前回のオフサイトで実感したこと、それは

・スタートアップ環境において半年というスパンで外部/内部環境は大きく変化する(場合によっては何度も頻繁に)
・故に目標設定や戦略/戦術自体に時間をかけすぎることは本質的に無駄になる場合が多い(ちゃぶ台返しをくらう)

ということ。戦略は仮説にすぎないので、一度決めた仮説に対して今後どれだけ高速にアクションして学習して軌道修正をかけ続けられるか、一度決めたフォーメーションをどれだけ有機的に外部/内部環境に合わせて変化させていくか、そういった即効性と柔軟性、そして最終的な決定力が必要なのだと感じます。

ラントリップ、半年後に圧倒的な実績を残すため、キックオフ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

競争しないRUNイベント『Runtrip via』で待ってます!
18

Runtrip, Inc.|株式会社ラントリップ

もっと自由に、楽しく走れる世界へ。 私たちは、テクノロジーと魅力的なコンテンツを通じて 走りたくなる道(Location)と仲間(Community)に出会える世界を提供しています。 https://runtrip.jp/ #runtrip

Runtrip Crew

Runtripの各メンバーのnoteを一覧できます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。